日経ヘルス12月号掲載「蒸し大豆」がすごい。蒸すことで大豆のおいしさや栄養がギュッ!と濃縮されます。|私が解説します!森光弘室長 マルヤナギ小倉屋柳本開発研究室 豆を使った惣菜、蒸し大豆製品の開発・研究などに携わる。大豆、蒸し大豆、発芽大豆の栄養素から、それを生かした調理法まで研究する豆素材のプロフェッショナル。
蒸し大豆の利点
1、おいしい 2、手軽に食べられて便利3、栄養たっぷり 4、色んな料理に使える
蒸し大豆の利点

蒸し大豆と水煮大豆って何が違うの?

蒸し大豆と水煮大豆って何が違うの?: 水煮と違い水の中で加熱せず、水蒸気で食材を加熱する調理方法なので、溶出し易いビタミン、たんぱく質などの栄養素や機能性成分が多く残ります。

「蒸す」ということは、水蒸気で食材を加熱する調理方法です。
蒸し大豆は、水煮大豆と違い水の中で加熱せず蒸しているので、溶出し易いビタミン、たんぱく質などの栄養素や機能性成分が多く残ります。

おいしさに差はあるの?

栄養成分や機能性成分はその素材の味を構成している要素といっても過言ではありません。
その成分が多く残っている蒸し大豆は、そのまま食べてもおいしく、素材の味が生きているのです。

水煮大豆と蒸し大豆、おいしくないと感じる商品・水煮が美味しくないと感じる理由
蒸し大豆はそのままでもおいしく食べられます

栄養価がより高いのは?

水煮大豆と比べると、蒸し大豆にはイソフラボン、たんぱく質、ギャバ、ビタミンなど栄養成分の含有量が豊富!
美味しいだけではなく、より健康価値が高いのは蒸し大豆なのです。

イソフラボン:女性ホルモンのように働き、更年期の不調の改善などに効果的たんぱく質:血液や筋肉などの体をつくる主要な成分で、エネルギー源として使用される。GABA:抗ストレスや血圧上昇抑制効果があるといわれる。ビタミンB1:糖質がエネルギーに変わるときに不可欠なビタミンで、不足すると疲れや集中力不足の原因になる

たくさんある大豆製品、何を食べればいいの?

「大豆を使った商品はたくさんありますが、それぞれに一長一短があります。
各々の特徴を知り、大豆を賢く食べましょう!

蒸し大豆
蒸し大豆
水煮大豆
水煮大豆
豆乳
豆乳
豆腐
豆腐
納豆
納豆
たんぱく質 15.5g 11.4g 3.7g 5.4g 015.9g
ビタミンB1 0.14mg 0.09mg 0.05mg 0.10mg 0.08mg
ビタミンB2 0.09mg 0.05mg 0.02mg 0.04mg 0.23mg
ビタミンE 1.4mg 1.3mg 0.6mg 0.2mg 1.2mg
ビタミンK 9μg 8μg 5μg 6μg 759μg
カルシウム 81.0mg 110mg 53.8mg 25.7mg 84.9mg
マグネシウム 107mg 62mg 20.2mg 81.8mg 94.0mg
2.52mg 2.09mg 0.41mg 1.06mg 2.55mg
カリウム 704mg 274mg 156mg 200mg 699mg
食物繊維 6.7g 6.7g 0.1g 0.4g 7.1g
大豆オリゴ糖 1.42g 0.79g 0.42g 0.50g
レシチン 572mg 575mg 141mg 235mg 864mg
ギャバ 23mg 3mg 3mg 2mg
葉酸 76μg 44μg 26μg 11μg 160μg
イソフラボン 78mg 62mg 12mg 25mg 51mg

蒸し大豆は色々な料理に使えます!