女性の命を守る大豆 有効成分イソフラボンが効果的に取れる蒸し大豆。いつまでも若々しく元気で長生きするために、「丸ごと大豆」で、女性に多い疾患「骨粗しょう症」と「乳がん」のリスクを下げよう。

女性の命を脅かす2大原因「乳がん」「骨粗しょう症」

女性のかかる疾患で有名なものといえば、日本人女性の15~16人に1人がかかると言われている「乳がん」があります。乳がんは30代から60代前半まで幅広い年代で女性のガン死因の第1位となっています。

また、女性が要介護になる原因の1つに「骨折」があります。骨折は骨密度が低下し「骨粗しょう症」になることで起こりやすくなります。

この「乳がん」と「骨粗しょう症」に深い関わりがあるのが、女性ホルモンの「エストロゲン」です。このエストロゲンが過剰になると乳がんになりやすくなり、不足すると骨粗しょう症になりやすくなるとされています。

大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働きをするため、このような女性ホルモンに関わる疾患によいとされています。

30~60代前半女性のがんによる死因。一位乳房、二位子宮、三位卵巣、四位胃、五位大腸。女性が要介護になる原因。一位認知症、二位骨折・転倒、三位高齢による衰弱、四位関節疾患

nh5-hr

エストロゲンのバランスを保つ大豆イソフラボン

エストロゲンは細胞にある「受容体」と呼ばれるものに結びついて働きます。
イソフラボンはエストロゲンに似た働きをしますが、エストロゲンよりも穏やかに作用すると言われています。そのため、体内のエストロゲンが多すぎる(乳がんになりやすい)ときも、足りない(骨粗しょう症になりやすい)ときも、大豆イソフラボンが受容体と結合することで、エストロゲン作用をバランス良く保つことができるとされています。

大豆イソフラボンの働き

大豆イソフラボンはエストロゲンの1000分の1程度の働きをします。大豆イソフラボンはエストロゲンが足りないときも、過剰なときも受容体と結合し、バランスを良く保ちます。

nh5-hr

大豆を丸ごと食べよう

大豆製品はたくさんありますが、そのなかでも大豆を丸ごと食べられるものは、特に栄養素が豊富です。蒸し大豆や水煮大豆、納豆は加工や調理の段階で食物繊維が取り除かれていないため、大豆を丸ごと食べることができます。

水煮大豆はお湯で長時間煮ているので、たんぱく質やイソフラボンなど様々な栄養素が水の中に溶け出してしまいますが、「蒸し」は水蒸気で食材を加熱する調理方法なので、水の中に溶け出しやすい栄養素や機能性成分が多く残っています。
→大豆製品の栄養素比較表を見る

水煮大豆はお湯の中で長時間煮るので、水の中に栄養素が流れ出してしまいます。

丸ごと大豆の代表蒸し大豆VS納豆

蒸し大豆
39mg
納豆
20.4mg

大豆イソフラボン
エストロゲンと似た働きを持つ。骨にも乳がんにも有効とされる。

蒸し大豆
38μg
納豆
64μg

葉酸
骨の質を上げる。粘りの強い骨を作るのにも必要とされる。

蒸し大豆
40.5mg
納豆
33.96mg

カルシウム
骨を作る主な材料。不足すると骨からカルシウムが使われてしまう。

蒸し大豆
4.5μg
納豆
303.6μg

ビタミンK
骨にカルシウムが沈着するのを助け、丈夫な骨を作るとされる。

蒸し大豆
7.75g
納豆
6.36g

大豆たんぱく質
体を作るために必要で、骨の形成にも欠かすことのできない栄養成分。

※イソフラボンはアグリコン換算


nh5-hr

蒸し大豆をオススメする理由

どんな食材にも合わせやすく、和洋中どんなジャンルの料理にもお使いいただけます。
最後にトッピングするだけ、料理の最後に加えるだけで簡単にいつもの料理にプラスすることができます。

持ち運びができるので、食べる場所やシーンを選びません。
栄養成分だけでなく大豆の旨みも水に溶け出さず、ぎゅっとつまっていますので、そのままおやつがわりに食べることができます。

蒸し大豆は料理の最後に加えるだけ、持ち運びができいつでも食べられます。

nh5-hr

蒸し豆シリーズを使ったレシピ

エストロゲンをバランス良い状態に保つには、大豆にカルシウムやビタミンD、ビタミンK、ビタミンB群、腸に良いものをプラスするのがオススメ!

もち麦入り蒸し大豆を使ったもちぷち納豆蒸し豆とごぼうのクリームチャウダー蒸し大豆ともち麦のわさびポン酢和え蒸し豆入りにんじんのリボンサラダヨーグルトソース

丸ごと大豆を食べるなら、蒸し大豆

蒸し大豆 大豆本来のうまみがたっぷり蒸し黒豆 大豆の力+ポリフェノール大麦入り蒸し大豆 食物繊維たっぷり!スーパー発芽大豆 ワンランク上の蒸し大豆