小山浩子の育脳レシピ

料理家の小山浩子先生が「頭がよくなる育脳レシピ」をテーマに、ママ必見のお話をお届け。

スペシャリストのプロフィール

小山浩子 料理家 / 管理栄養士 / フードビジネスコーディネーター

小山浩子 大手食品メーカー勤務を経て2003年フリーに。
料理教室の講師やコーディネイト、メニュー開発、栄養コラム執筆、NHKをはじめ健康番組出演等幅広く活動。 料理家としてのキャリアは20年以上。これまでに指導した生徒は5万人以上に及ぶ。
著作も多数あり、『目からウロコのおいしい減塩「乳和食」』(主婦の友社)で 2014年グルマン世界料理本大賞イノベ―ティブ部門世界第2位を受賞。 健康と作りやすさに配慮したオリジナルレシピを多数考案。 日本で唯一のミルク料理研究家でもあり、メディアで話題の乳和食の発案者でもある。


【テレビ出演歴】

  • TBS「はなまるマーケット」
  • NHK「生活ホットモーニング」・日本テレビ「ヒルナンデス」
  • フジテレビ「スーパーニュース」※管理栄養士としてレギュラー出演 など

【書籍他】

  • 「頭の良い子に育つ育脳レシピ」 日東書院発行
  • 「暮らし方がかわる! おうちでごはんを愉しむIHクッキング」小学館発行 他多数


第10回 夜食に“育脳”スープのすすめ

寒い冬には、温かいスープで体を温め、代謝を高めることでスムーズに栄養が脳まで運ばれていきます。
これからは受験シーズン、お子さんの夜食にも消化の良いスープはおすすめです。

では、スープに何を入れたらいいのでしょう。
まず大切なのは、脳のはたらきの主役である神経細胞のもとになるたんぱく質です。
そこに脳の情報伝達に欠かせないカルシウム、ビタミン、ミネラルがプラスされれば理想的な食べ合わせとなります。
ただし、カロリーや脂肪は抑えてください。
夜食というと、脂っこいラーメンやうどん、パスタや菓子パン、おにぎりなどが一般的ですが、炭水化物過多の夜食では、食後、すぐに血糖値が上がり血液は胃の方に奪われてしまうため、頭の働きは鈍くなり、理解力、記憶力が落ち、能率はあがりません。
勉強をしながら、スナック菓子等をつまむのも胃腸の働きが活発になる分、脳の働きが妨げられます。
そして極力、炭水化物や動物性脂肪は控えてください。

おすすめの食品としては、野菜、海藻、白身魚、脂肪の少ない部位の鶏肉、豆製品、乳製品、卵があげられます。
胃内停留時間が短い調理法であることも望ましい訳ですから、このことからもスープは理にかなっています。
ミキサーを活用して、ペースト状にして、味つけはシンプルに顆粒のコンソメで。
今の時期でしたら、かぼちゃと蒸し大豆のスープがおすすめです。
かぼちゃ50g、玉ねぎ1/8個をすべてスライスして電子レンジに2分かけます。あとは、蒸し大豆大さじ1、牛乳150ml、顆粒コンソメ小さじ1/3をすべて合わせてミキサーにかけるだけです。
黄色の色は脳を目覚めさせ、活性化させる色でもあります。ほんの少しカレー粉を加えて味に変化をつけるのもいいでしょう。

蒸し豆のポタージュ