江部康二の大豆よもやま話

医師で糖質制限食の第一人者の江部康二先生が、大豆や健康、漢方などのお話をお届け。

スペシャリストのプロフィール

江部康二

江部康二 医師、財団法人高雄病院理事長。京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所を経て1978年より高雄病院に勤務。2001年、受け持っていた糖尿病患者に糖質制限食を取り入れ、患者の血糖値が劇的に改善。これを機に病院をあげて糖質制限食による糖尿病治療の研究に取り組む。2002年、自身の糖尿病が発覚。以来、自らも糖質制限食を実践、糖質制限食による糖尿病治療を確立。自身の糖尿病の克服のみならず、高雄病院での臨床活動を通じて、糖尿病・肥満・メタボリックシンドローム等に対する糖質制限食の画期的治療効果を証明する。多くの著名人からも絶大な支持を受け、芥川賞作家、宮本輝氏との対談本、「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」は、各界に大反響を巻き起こした。近著に『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』(ナツメ社)『糖尿病・肥満を克服する高雄病院の「糖質制限」給食』など。


第1回 大豆と糖質制限食の深い関係について

IMG_0766皆さんはじめまして。

糖質制限食でご存知の方もおられるかと思いますが、まずは簡単に自己紹介を。

私は京都にある高雄病院に勤務する医師、江部康二です。

私の務める高雄病院、最近は糖質制限食による糖尿病治療で、その前はアトピー治療で有名(?)になりましたが、元々は漢方を主体とした治療を行う病院です。漢方治療では日本有数の治療実績を誇り、漢方生薬使用量は日本一です。

さてこの度、糖質制限食の食材メーカーさんとしてお付き合いさせて頂いているマルヤナギさんから、「“毎日だいず応援団”という蒸し大豆の魅力をお伝えするコミュニティサイトを立ち上げたので是非連載を」とご依頼を頂きました。

大豆といえば、糖質制限食になくてはならない食材です。その普及のためならと連載をお引き受け致しました。皆さん、宜しくお願い致します。

記念すべき(?)連載第一回目は、大豆と糖質制限食の深い関係(?)についてです。

糖質制限食とは、読んで字のごとく「糖質」を制限する食事で、糖尿病治療の為に1999年から高雄病院で始まりました。

血糖値を上げてしまう「糖質」の摂取を極力減らすという糖尿病の食事療法なのですが、最近は「糖質制限食ダイエット」として雑誌やテレビで紹介されることが多いので、ご存じの方も多いのではないかと思います。

糖質を減らす代わりに、タンパク質や脂質をしっかり食べるのですが、大豆は「畑の肉」と呼ばれるくらいタンパク質が豊富で、しかも糖質の含有量が少ないため、糖質制限食にはもってこいの食材なのです。

さてその大豆なのですが、昔から豊富な栄養素を含んでいることが知られていて、厚生労働省は、国民の健康づくり政策「健康日本21」で、1日100g以上の豆類を食べることを推奨しています。

また、米国食品医薬品局FDAは、生活習慣病予防のため、1日25g以上の大豆を食べることを推奨しています。

このように大豆は、世界中で健康食材として注目を集めています。ですが、普段の食生活で1日25g以上の大豆を食べることは、なかなか難しいと思います。

その点、マルヤナギさんの「蒸し大豆」なら、蒸した大豆をそのまま袋詰めにしてありますので、ナッツのような感覚で手軽に大豆を食べることができます。

糖質制限食に取り組まれる患者様にも、おやつ代わりに「蒸し大豆」をお勧めしていますし、私自身も診察の合間や間食に「蒸し大豆」を食べています。

袋を開けるだけで食べられるので、面倒くさがりの私にぴったりで、とても便利です。

また、糖質制限食に取り組むと、便秘がちになる女性が多いのですが、食物繊維を豊富に含む大豆は、便秘の予防にも効果があり糖質制限食やダイエットに取り組む方に最適な食材です。

「蒸し大豆」なら調理せずに大豆を丸ごと食べることができますので、簡単に大豆の栄養素を摂取することができお勧めですね。