かんヘルシリーズ 雑穀のちから

水溶性食物繊維がたっぷりの大麦(もち麦)

グラフ1

大豆(もち麦)は水溶性食物繊維が多い食材です。水溶性食物繊維は水分を吸って粘性を増し、消化・吸収を緩やかにしてくれます。

マーメちゃん博士


 

もち麦とは?

大麦には「うるち種」と「もち種」があります。「もち麦」はもち種の大麦のことです。もちもちプチプチした食感と香り高い味わいが特徴で、食べやすさが人気の理由の一つです。

水溶性食物繊維とは

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があり、それぞれ働きが少しずつ異なります。この2つをバランスよく摂ることが大切です。

 

赤米と黒米の色素パワー

グラフ1

赤米にはタンニン・カテキン、黒米にはアントシアニンというポリフェノールの一種の色素成分が含まれています。

タンニン・カテキンには血圧上昇抑制作用や血糖値の改善作用、アントシアニンには動脈硬化を予防する抗酸化作用があると言われています。

 

彩りを加えて料理をさらにおいしく

単調になりがちな料理に赤米、黒米といった雑穀を加えると、他の食材にはない深い色合いで料理の彩りが良くなります。
グラフ1
サラダ
グラフ1
パスタ
グラフ1
まぜごはん